抱っこひもをどう選ぶ?意外とおすすめなのが、おんぶで子育て

出産準備品リストに必ず掲載されているのが抱っこひも。
街中でも赤ちゃんと向き合って抱っこをしているお母さんの姿をよく見かけるようになりました。
人気の抱っこひもブランドは1万円以上するものが多く、慎重に選びたいものです。
見た目のデザインは大事ですが、大切なことは使いやすさと丈夫さです。
気を付けることの一つは肩紐部分。
クッションがしっかりしていて、幅が広いものを選びましょう。
そうでなければ、肩に負担がかかり肩こりなどの原因になります。
あとは、使用しない時にかさばるものであってもよいかどうか。
たとえば、車で移動が多い方は、多少かさばるものであっても困りませんが、徒歩で移動が多い方は荷物が増えてしまいます。
折りたたみができるサイズの物がお勧めです。
また、あまり見かけませんが、おんぶで育児をすることもおすすめです。
保育士の先生によると、抱っこよりもおんぶで育てた子の方が賢くなるとのこと。
その理由はお母さんと同じ目線でいられるからだそうです。
たとえば料理をしている手元や、普段見えない高さの世界が見えるからです。
おんぶ専用のひももありますが、おんぶができる抱っこひもも多く販売されていますので確認してみるとよいでしょう。